【美容】フィリピンで買えるオススメのシャンプー、ワトソンのNaturalsシリーズ

海外に出ると、シャンプーをして髪がギシギシした経験はありませんか?

フィリピンの水道水は硬水であるため、髪を洗うと日本にいるときほど滑らかな洗い上がりにならないことがあります。またフィリピンは日本と比べると砂埃や排気ガスなどの影響もあり、なおさら髪がギシギシしてしまいます。

フィリピンには日本でもお馴染みのブランドのシャンプーやフィリピンで初めて見かけるブランドなど、沢山のシャンプーとコンディショナーがありますが、日本人の髪に合うのか不安になりますよね。

今回は私がフィリピンでいろんなシャンプーを使ってみた中で最もお勧めしたいNaturalsシリーズのシャンプーとコンディショナーをご紹介します!

今回ご紹介するNaturalsシリーズは、薬局ワトソン(Watosons)のオリジナル商品です。

このNaturalsシリーズ、シャンプーとコンディショナーだけではなく、ヘアマスクとヘアオイルも全種類取り揃えてあるので、お気に入りを見つけると良いですよ!

Naturalsシリーズは全8種類あり、含まれる素材によってそれぞれ違った効果が得られます。1つずつご紹介しましょう。

Argan ~Revitalising~ (アルガン ~いきいきとした髪へ~)

アルガンとはモロッコ南西部にのみ生息する樹木で、その果実はアルガンの木の種子から抽出されるオイルです。栄養価が高く健康と美容に効果が高いため、様々な美容品にアルガンオイルが使用されています。

このアルガンオイルを使用したNaturalsのシャンプーとコンディショナーは髪を若返らせる効果があります。

 

Aloe Vera ~Soothing~ (アロエベラ ~滑らかな髪へ~)

アロエには約600もの種類種類がありますが、中でもアロエベラ「真実のアロエ」という意味を持ち、美容に最も効果が高いことで知られています。

日本で多く栽培されているアロエはやけどや切り傷などの治癒に効果的なキダチアロエが一般的である一方、美容に効果的なアロエベラはアロエベラは日本の気候では栽培が難しい種類で、海外で多く栽培されています。

そんなアロエベラを使用したシャンプー・コンディショナーがこのアロエベラシャンプーとコンディショナーです。

 

Marula ~Protecting~ (マルーラ ~髪を守る~)

マルーラはウルシ科の植物で、別名エレファントツリーとしても知られています。果実は食用としてもジュースやアルコール飲料としても世界中で広く親しまれているほか、その樹木は薬や工芸品としても使用されています。

このマルーラから採れるオイルには抗酸化力や保湿力などの美容効果が高い成分が豊富に含まれていることから、世界中でスキンケア商品に使用されています。

またナチュラルシリーズの中でも私が個人的によく使用するのが、このマルーラシャンプーです。

 

Olive ~Deep Moisturising~ (オリーブ ~しっとりとした髪へ~)

オリーブは近年日本で健康と美容の効果が注目され、多くの人に愛用されています。

オリーブには人の皮脂からも分泌されるオレイン酸が豊富に含まれているため肌に馴染みやすく、抗酸化作用のあるビタミンEなどの栄養素も含まれています。

オリーブオイルにはパサついた髪をしっとりつやつやにしてくれる効果もあります。食用オリーブオイルでヘアパックしたりシャンプーに混ぜるだけでも髪をしっとりとさせる効果があります。

そんなオリーブを活かしたシャンプーで髪を洗うと、しっとりとした使用感が特長的です。

 

Paw Paw ~Repairing~ (ポーポー ~ダメージ補修~)

別名アケビガキ、ポポー、ポウポウなどとしても知られるポーポーは北米南東部原産の高木です。収穫後すぐに熟してしまい流通が困難なため「幻の果実」とも呼ばれています。ビタミンやミネラルなどが豊富で、老化を防ぎ美容効果が高いことで知られています。

日本ではあまり馴染みがありませんが、オーストラリア発のポーポークリーム軟膏は海外セレブにも人気があるクリーム軟膏というものがあります。ポーポー軟膏は日本で言うオロナインのような軟膏ですが、ポーポー軟膏を髪に馴染ませると髪がツヤツヤになると評判が高いようです。

 

Rice Bran ~Brightening~ (米ぬか ~艷やかな髪へ~)

日本では古来より米ぬかを生活の様々な場面で利用してきました。その米ぬかが近年では美肌に効果があるとして、多くの美容品に利用されています。

米ぬかは美髪にも効果があり、米ぬかで髪を洗うと髪がツヤツヤになったと証言するブログなども多く見受けられます。また日本では米ぬかを使ったシャンプーもあります。米ぬかに含まれるガンマオリザノールという成分が血行促進があり、また米ぬかには油分が多く含まれるため、髪をツヤツヤにまとめてくれる効果があります。

Coffee ~Anti-hair fall~ (コーヒー ~抜け毛の無い髪へ~)

酸性・アルカリ性の度合いを測るpH水素イオン濃度という水素イオン濃度を表す単位があります。肌はpH4.5~pH5.5くらいの弱酸性である一方で、塩素が含まれる水道水は約pH7~8の中性からアルカリ性で、肌よりもややpHが高くなります。アルカリ性が強くなると髪はキューティクルが剥がれ髪内部の栄養が流れ出してしまい、パサパサとしたツヤのない髪になってしまうのです。

コーヒーはpHが低くコーヒーで髪を洗うと水のpHを和らげてくれるため、髪へのダメージを防ぐことができます。そんな髪に優しいコーヒーを含むシャンプーとコンディショナーは、抜け毛予防や発毛・育毛に効果があります。

 

Macadamia ~Rejuvenate~ (マカダミア ~若々しい髪へ~)

日本ではマカダミアというとナッツにチョコレートコーティングをしたハワイのお土産のお菓子のイメージが強いですが、実は美容効果も高いことで知られています。

マカダミアオイルには、人の皮脂と近い脂肪酸であるパルミトレイン酸が豊富に含まれており、皮膚細胞の再生や修復を助けてくれます。

パルミトレイン酸は髪にも効果があり、髪のキューティクルを整え髪内部の栄養の流出を防いでくれます。髪のハリ・コシ・ツヤを保ち若々しい髪を維持するのに効果を発揮します。

 

フィリピンで手に入る他のシャンプーと比較

フィリピン人女性にはサラサラストレートな髪の人が多く、以前にフィリピン人の同僚に教えてもらったシャンプーを試しました。

確かに香りも良く滑らかな洗い上がりにはなるのですが、一度に多くの量を使う必要がありあっという間に1本を消費してしまいました。コスパで比べるとNaturalsシリーズのシャンプーに軍配が上がる印象です。

 

ワトソンの店舗ではNaturalsシリーズのテスターが置いてあるところもあるので、是非お気に入りを見つけてみては?

 

写真:https://www.watsons.com.ph/All-Brands/174008/c/Naturals-by-Watsons

Read Previous

【医療】セブで病気になったら?オススメの病院を見てみよう!

Read Next

フィリピン旅行や長期滞在に欠かせない持ち物10選

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。